内定者の声

以下、一部ですが内定者さんの声をお届けします

✈️JAL既卒客室乗務員内定者の声

♦️私が今回、JALより内定を頂けましたのは、正に、中尾享子先生に「意識改革」して頂いたお陰です。

新卒で、JALとANAで最終敗退して以来、既卒でANAとJALを目指しておりました。しかし、自分で自分の情報を作成して、試験に臨んでも手ごたえがなく、途方に暮れていたところ、TOEIC本で、楽しみながら点数が大幅に上がったのと、中尾享子先生のブログの「今が1番若い」「チャンスは前髪でつかむ」という部分にピンときて、即行動しなきゃ!と問い合わせました。

ライン相談前は、「なぜこんなに資料提出があるんだろう」と不思議に思った面がございましたが、ライン相談の時に、自分では耳をふさぎたくなる図星なことを言われ、これはもう、ついて行くしかないな、と決めたことが今回の内定につながりました。1人では、あと一歩、が続いたと思います。
私の「JALとANAのみ狙いなんです」という難しい申し出に、「ーさんなら、狙うことができると思うから、2年はANAとJAL狙いで覚悟して行ってみよう」と先生も頑張ってくださいました。

中尾先生に学んだことで、それまでと違ったことは、先生の業務妨害にならない程度に申し上げると、

ー他人に判断してもらうのではなく、自分で判断できる習慣を養う。
 
ー文言作成に置いて、何が、面接官にヒットして、何がスルーされるかわかる。
 
ー本番では、自分中心でなく、相手中心に振る舞える。
です。

これまでは、JALの募集が出てから、やっと重い腰を上げて、対策に取り組む、というペースでした。しかし、今では、よく、それで一度でも最終面接に行けたものだ、と怖いです。
やはり、全ては、先生のおっしゃる通り、準備万端さなのだと実感しました。

特に、ANA35問では、35問だから、即終了と思っていたら、20週間くらい先生とやりとりをしていました。ただ、私はここで、コツをつかんだことがJAL内定に結びついたと思います。これで敗退なら、もう諦められると思いました。しかし、苦しかったです。

ブログ読者の方も、JALとANAを目指しておられる方は、私もそうだったのですが、落ち込んだり、途方に暮れたりすると思います。しかし、自分の中にある長所や、ANAやJALの客室乗務員に向いている面を信じて、頑張って欲しいと思います。中尾先生弟子として、共に、機上で、お目にかかるのを楽しみにしています。


♦︎最終面接の結果が届きましたので、ご報告させて頂きます。
ピーチ、JAL共に内定を頂きました!!!!
昨日の夕方にJALからメールとお電話を頂き、JALに内定承諾を致しました。
電話を受け取った時は、本当に手が震えてしまって、未だに信じられないような気持ちです。
 
中尾先生のサポートがなければ、ここまで来ることは出来ませんでした。ここ3ヶ月の短い間ではありましたが、必死になって取り組めた事、内定を頂けた事でこれからの人生の糧にもなると思います。これからどんな辛い事があっても、乗り越えて行ける気がします!
本当に感謝致します。ありがとうございました。
 
そして、まだこれから最終試験を控えている方もいらっしゃるかと思います。先生の生徒さんは、素晴らしい方が多いのかと思いますが、ぜひ皆様と内定式でお会い出来る事、同期として共に頑張れる事を願っております。応援しています!先生もまだお忙しい期間が続くのかと存じますので、お身体にはお気を付けてお過ごし下さい。

✈️エアージャパン内定者の声

♦︎エアージャパンを目指しておられる方は、エアージャパンにはどうしたら内定するのだろう、と結構途方にくれているのではないかと思います。私はもともと現在の航空会社に内定したときから、ANAやANAグループに入ることを目指しておりまして、入社1年目をすぎてから、即、受験を始めました。しかし、やはり、自分では何度か失敗し、うまくいかないという感じが致しまして(ペースメーカーが必要。叱咤激励してくれる存在が必要)再び中尾先生の門を叩いた次第でございます。

スクールに行くかどうか、は別にして、大切な要因は、
ーネタ集め
ー面接を包括的に考える
ー自分の長所を自分で把握し一貫性を出す(長所や志望動機に一貫性がないことに、今回気づきました)。
ー自分を客観的に見る

に尽きると思います。エアージャパンのCAになりたい客室乗務員は、非常にたくさんおられます。その中で目立つには、他の方とは違う独自の見解や準備が必要です。

現在在籍の航空会社の内定のためにレッスンを受けたときは、中尾先生がおっしゃったことについて半分くらいしか理解できず、それでも無我夢中で内定したのですが、今回は、より理解が深まったため内定できたと確信致しております。

エアージャパンを以前に何度か受験したときと、今回の大きな違いは「面接を包括的に考えた」こと、360度あらゆる角度から自分を改良したこと、です。客室乗務員として、すでに、グルーミングには自信があったのですが、今一度、ウォーキングの先生にチェックしていただくことで、普段のフライトにも変化が見られました。

今後、エアージャパン内定を目指す方は、客室乗務員だからこそ、奢っている部分や、実は気づいていない部分に焦点を当てて見られると良いと思います。

中尾先生には月謝生のときから、あまりに頼って甘えていた存在のため、今回非常にご不安とご迷惑をおかけ致しました。しかし、絶縁されたら非常につらいという一心でなんとか内定をいただけたと思っております。今後とも転機の折はよろしくお願いしたいです。

♦︎私は外地ベースの外資系航空会社で現役の客室乗務員として働いている中でのトランスファーでした。面接日に休みが希望通りに通るか、そのストレスと面接の度に日本と行ったり来たりをすること、きちんとフライト前には外地に戻らなければならないことなど、すごく大変でした。ですが、今回、運とご縁を味方につけ、中尾先生の教えを守った事で内定できたと思っております。

エアージャパンを志望した理由は、羽田、成田を拠点にし国際線に乗務できるという点と、エコノミークラスから国内線を数年フライトするというような下積みをせず、国際線のみでいきなりビジネスクラスに乗務でき、今までの経験を活かせるという点です。

エアージャパンの募集に賭けておりましたので、中尾先生に思い切ってご連絡し、良かったと思います。

私は書類締め切り数日前に中尾先生にご連絡を致した為、初めに準備期間が少なすぎることと、受験者は皆経験者で完璧な方ばかりなので合格の保証が出来ないということを中尾先生から言われました。

しかし私が中尾先生にどうしてもお願いしたい!と思った理由は誠実さが伝わったからです。ブログ購読者ならお分かりと思いますが、日本には多くのエアラインスクールがございます。私は個人レッスンのあるエアラインスクール5社以上に連絡をしたところ、1番詳細且つ正直に返信を下さったのが中尾先生のスクールからでした。

そこからフライトの合間や、いつもより一時間前に起きて面接の練習をしました。特に敬語には苦戦しいつもダメ出しを頂きました。(笑)

志望動機の軸がブレないように、自分のことを言葉にするレッスンでは、かなり時間をかけ添削して下さいましたし、スカイプレッスンでもみっちりとご指導して下さいました。
一次面接ではとにかく笑顔に気をつけ、また普段のメイクの10倍も薄くしました。

最終面接の個人面接では自分の伝えたいことは全て伝えました。最後に言いたいことは?と聞かれた際も、自己アピールを致しました。そのくらい、必死だったと思います。

私はこの仕事が大好きで、長く働きたいと思っております。内定者の中にはお子様のいらっしゃる方や、40代の方もいらっしゃいます。内定者の年齢層は高めだと感じました。

今回の内定者には、日系大手、子会社、LCC,アジア、中東、欧州の外資系など様々な航空会社からの経験者がいます。

転職しにくい会社など、ないと内定者を見て感じました。自分が普段からどう仕事と向き合い、気付きを言葉にし、どのように面接に活かすかだと思います。

皆さんが最適な会社に巡り合えますように。

✈ANA客室乗務員内定者の声
♦(19年内定改訂中)

✈エミレーツ航空客室乗務員内定者の声
♦同じスクールの先輩から、「中尾先生の添削を受けた方がいい」と言われて、合宿に参加しました。スクールは良かったのですが、自分ができているかいないか、がわかりにくかったので、合宿で厳しい指摘や細かい指摘を受けて、できていない自分がショックだった為、このままでは内定しないと思い、即月謝生に申込みしました。

英語添削はスクールで添削されていたものよりも非常に細かく、英語面接について全く今まで知らなかった、書いていなかった、という英文に添削していただきました。最終的には自分でも英文作成は成長できました!

スクールに行っていると、意外に見た目は大丈夫と思っているものですが、EK内定にはもっと細かい指導が必要だと思いました。最初は先生の指摘やアドバイスが、非常に厳しく細かいものに感じましたが、結局、そこまで注意して全て直していったことが内定に繋がったと思います。

行っていたスクールでも先生の合宿や添削でお世話になった人が次々と外資系やANAやJALとのWやトリプル内定を取って行くので、後輩にも勧めています。

先生が仰っているとおり、CAになるのは人生の通過点ですが、その通過点で先生の考え方に触れることができて、本当に良かったです。

ANA内定も頂きましたので国内に行く可能性が高いですが、ANAの面接が軽いと思えたのは先生のお陰です。ありがとうございました。卒業してもよろしくお願い申し上げます。

♦私は合宿と添削でお世話になりました。月謝生になるには経済的に難しかったので、ライン相談で内定の方法を聞いて、その後合宿に2回、中東完全対策の添削講座、試験前に4回ビデオ面接対策を受講しました。添削は本当に満足だったのは、自分では絶対にかけない英文にしてもらえたからです。

エミレーツの試験の前の面接対策は、本当に辛くて、先生のアドバイスがとても厳しいものだったので、内定は難しいと思っていました。しかし、アドバイスがなく油断していたら、練習もしていなくてダメだったと思い、ギリギリの状態だったんだなぁと思います。

エミレーツに向けて頑張っていたので、エアアジアはもちろん、エアアジアジャパンにも内定をいただきました。まだメディカルがありますが、本当に渡航にわくわくしています。

✈︎カタール航空内定者の声

♦︎中尾先生にお世話になろうと思ったのは、大学の英語ができて憧れていた先輩が、やはり中尾先生にお世話になって、社内定を決め「外資系を受ける英語添削は安心して任せられるし自分の実力以上に引き上げてくれる」という勧めがあったからです。

実際、カタールと他外資系に何度も敗退を続け、自分では一生懸命にやっていたつもりでしたが、中尾先生について対策を始めると、ことごとく、それが崩されました。

ですから、対策自体は非常に大変なものでしたが、一歩一歩内定に近づいている実感が持てていました。「あとは何度も受験し続けるだけ」という言葉に励まされて臨んだカタール航空1回目で、まさかの内定。メディカルの案内をいただいたときは、涙があふれました。

きっと今回は基準値が低かったのだと思います。内定後も、中東についての心がまえを教えていただき、十分に心の準備をして旅立てそうです。本当にこんなに短期間で内定できるとは思わず、なぜ、もう少し早く申し込まなかったのか、と思いますが、自分のベストタイミングで決まっている、という先生の言葉を信じて、今後もフライトを楽しみたいと思います。ありがとうございました。

✈シンガポール航空

素養さえあれば、エミレーツ、カタールに確実に受かる事ができるという文言を見て、そこまではっきり言い切れるのか!と衝撃を受け、もう中尾先生しかいないと思いました。

また、〇〇さん合格しました!とか合格体験記!などをあまりブログに載せていらっしゃらないけれど、確かな実績があるのだなとブログやライン相談で感じた所も信頼できると思った要因です。

以前通っていたスクールでも同じ内容のアドバイスをいただいていたと思います。しかし、大勢に向けた漠然としたその言葉では、自分はどの程度できているのか、どのように、どれくらい自分を磨いていけばいいのかがわからず、なんとなく自分の中で理解した気になり、結局自分のやり方で闇雲に動いていました。

【弊校入塾以降、やったことで、何が合格に結び付き、どこが自分にとって良かったのか。】

まず文言作成はもちろん合格に結びついた要因の1つです。文言作成を行なって、覚えて、どんな質問でも来いと思えるようにまでになりました。先生と作成していた内容以外のことを聞かれた場合でも、さくさくと答える事ができました。そしてその自信に伴って、笑顔で堂々と振る舞えるようになった事も先生にお世話になって得られた事の1つです。始めの頃は笑えていると思っていましたが、動画で見てみると全く笑えておらず、先生とのやりとりを通して向上できたと思います。(まだ不十分ですが 泣)

【合格した決め手は何か】

マカオ航空、シンガポール航空両内定ともにバランス良く自分を表現できたのだと思っています。表情、英語、自分の魅力など、どれも劣ることなく伝えられた事が良かったのではないかと思います。

シンガポール航空面接の数日前にカタール最終落ちのメールを受け取りました。今まで一番やりきった!と思えた面接だったので、とってもショックでした。しかし、そこから何を向上させられるのか考え、それをシンガポールの面接で出せたことが、面接通過に繋がったと思います。

ずっと夢に見ていた、世界を飛び回り、世界中の人々と関わる事を存分に楽しみながら、乗客の期待以上のサービスを常に追い求めたいです。また、私は初対面の方には割とクールに接してしまう所がありますが、フレンドリーで明るい部分も積極的に出せるようになりたいです。そして英語の上達と、第3言語にも取り組みたいです。

私が希望航空会社の合格を手にするには、絶対に中尾先生の力が必要でした。本当にありがとうございました、先生に見ていただいて本当に私はラッキーです。

しかし、このCA受験を通して、合格への道は本当―に十人十色なんだと学びました。スクールに行っても行かなくても、留学経験があってもなくても、TOEICが満点でもそうでなくても、接客業をしていてもしていなくても、それぞれ合格する方、不合格になる方がいると思います。私自身、海外滞在経験無し、全く違う業種ということをとっても気にしていました。ライン相談で先生にはっきりと関係ありません!と教えていただき、始めは半信半疑でしたが、今は関係ないのだ、それのせいにしてはいけないのだと実感しています。

先生のブログを読んで、なんとなく良いなと思う方で、また、どう自分を磨けばいいのかわかりきっていない方ならば、先生のレッスンをお勧めします。早いスタートが良いです、でも自分の心が強く願う時がそのタイミングだと思います。

CA受験をしていると、縁なのかな?運なのかな?と感じる事もあるかもしれません。もちろん、縁や運もあると思います。しかし、正しい方法で自分を磨き続けないと、挑戦し続けないと、縁や運を掴めるステージにすら立てないんだと学びました。

また、始めの頃には初受験で受かった方や、短期間で合格を掴んだ方を見ては、私もなんとなく縁を掴めないかななどと、恥ずかしい話ですが考えていました。今思う事は、そういう方々は短期間でも正しくしっかりと準備をされていたり、表情や人との接し方についても元から高いレベルで自然と行えていたりすると思います。

私は全くそういうタイプではなかったので、時間をかけて一つ一つ準備していくことが必要でした。縁や運だけのせいにせず、挑戦し続けて本当に良かったと思っています。

全くダメダメでなんで落ちたかもわからない私でしたが、中尾先生とのレッスンを終える頃には、アプライした全ての会社において最終面接まで行くことができていました。不合格を受け取ったものについても、自分が至らなかった箇所を明確にして、次の試験に取り組みました。

面接緊張しますよね、面接官に笑顔がなくて怖いなって、英語が不安だなって、何聞かれるのかな、落ちたくないなって。何度受けてもドキドキします。でも面接は緊張しに行くところではなくて、自分の良いところを見せて、私はあなたの会社で活躍しますよって伝えるところなんですよね。私は過去の面接では、緊張してたら、面接官が甘い目で見てくれないかな、簡単な問題がでないかな、なんとなくうまくいかないかな、などなど本当にそんな思いを抱いていました。常に緊張マックスでした。本当にそれでは受からないよなと納得です。自分の良い所を知ってもらう(自分を良く見せようではなく、)という事を意識した時、うまくいきだしました。

私も不安だったり、自信がない時があったり、英語がブロークンだったりと、まだまだ未熟です。しかし、CA受験を通して、中尾先生の指導を受けて、格段に成長した自分を体験することができたので、今後も理想の自分に向かって、夢に向かって邁進したいです。落ち込み過ぎず、ポジティブにがんばりましょう!

長くなってしまいましたが、私の経験が少しでも何かの形で皆さんの力になれば幸いです。

 ✈JTA日本トランスオーシャン航空

中尾先生のブログをみてスクールの入会を決めました。

ブログで勉強にらなる部分がとても多かったことと、先生が色々な経験をされているところ、

月謝制さんの合格実績をみて魅力にかんじました。

【以前やっていたことが合格に結び付かなかった理由】

練習量が少なかったと思います。中尾先生の講座や、ラインなどで卒業生の方のお話しをきいて

自分の練習量や、対策にかける時間が圧倒少ないと感じました。

【何が合格に結び付き、どこが自分にとって良かったのか】

●と、文言作りです。

自分を客観的に見るという事を行なっておりませんでした。自分をしっかり見ることでより改善点が明確になりました。

過去の自分に情報作成は自分をしっかり思い出して、覚える事で、面接で緊張して忘れてしまっても

面接でお伝えする事が出来ました。

【TOEIC】

先生の本で対策をしました。特にリスニングです。シャドーイングと先読みが点数アップに繋がったと思います。あとは、裏にある単語帳ダウンロードしてる覚えました。

【合格した決め手】

JTAは最終面接が5人対1人とかなり緊張するところなので、そこを克服できたところと、

素直に自分の不安に思ってることや、短所をお話し出来たからだと思います。

【CAになってからの抱負】

まだまだ、勉強不足な沖縄の観光地や、文化についてしっかりと勉強してて機内でお客様にお話し出来るようにしたいです。

また、英語はもちろんですが、手話や、アジア圏のお客様様も増えているので、語学にも力を入れていきたいと思います。

まずはしっかりと訓練で合格できるように3ヶ月間精一杯頑張ります!

【メッセージ】

私は、専門学校の新卒の時に先生にはじめて中尾先生にお世話になりました。

いままでと全く違う、面接対策(●練習や、過去から全て振り返っての文言、エピソード作り)を自分なりに頑張って取り組んでいましたが内定は頂けませんでした。

中尾先生の卒業生の方々にお会いして、内定者の方がどのぐらいの練習量で努力をされている事がわかり、自分の取り組みでは合格できなかったと思いました。既卒からは仕事もあり、モチベーションが下がった事も何度かありましたが

中尾先生から、TOEICの点数をあげること、幼さが残るので大人っぽい話し方をする、

緊張してしまうので上がり症の克服をした方がいいとアドバイスを受けましたので、

先生の書籍で、TOEIC特にリスニングパートを重点的に勉強しました。話し方は数ヶ月ですが、アナウンサースクールにも通いました。また、先生からご紹介頂いた講演会や、ウォーキングのレッスンに参加したり、書籍であがり症を克服しました。

できることはとりあえずなんでもやってみました。

あとは、モチベーションを頑張って保ちました。

正直、ずっと高いモチベーションを維持できずに、一度募集の波がストップしてしまうと何もCA受験について

考えなかった月もありました。(特に冬頃です)ですが、現役CAさんのSNSや、エアステージ、実際に飛行機に乗ってCAさんを見る事でモチベーションを上げて頑張りました。

落ちた時は何度も自分はCAに向いてないんだと自信をなくすばかりでしたが、でもなりたい!夢を見て叶えたい!その思いだけは絶対諦めたくなかったです。

今回の合格で、人よりかなり時間は掛かってしまいましたが、諦めずに取り組む事で合格できるのだと思いました。私もまだ、訓練生ということで内定を頂いただけですがこの3ヶ月しっかり頑張って客室乗務員になりたいと思います。

 
✈エアドゥAIR DO

【なぜ、数あるスクールの中から弊校を選んだか】

姉がCA受験で中尾先生にお世話になっていたこと(そして実際にJAL合格を果たしたこと)と、最初のライン相談でお話しした際にたくさんの質問や不安にはっきりとお答えいただき、中尾先生の下で頑張りたいと感じたからです。

受験は中尾先生にお世話になるタイミングで始めたので、以前の準備等はありません。

【何が合格に結び付いたか】

何から何まで改善することです。入塾当初、私は歯科矯正を始めたばかりでとても活舌の悪い話し方でした。また面接経験が少なかったので立ち居振る舞いも、そして笑顔も全くできていませんでした。
何度も何度も練習して「納得のいくまでやる、そして他者から見ても最高」な状態を目指してすべての改善に取り組んだことが合格につながった1つの要因だと思います。

また何度もやり取りして文言の作成の仕方を身に着けたことも合格に繋がったと思います。
自分で納得のいくまで文言を作成し直し、面接官が聞いて納得してくれるように作成することができました。中尾先生が毎回丁寧に添削とフィードバックをしてくださったおかげだと思います。

【TOEIC】

私は50点ほどしかアップしていませんが、シャドウイングを繰り返し何度も行ったことです。中尾先生の本の通りに勉強を進め、点数をアップさせました。

【合格した決め手】

立ち居振る舞いと、その会社だから入りたい!という気持ちと根拠をしっかりと示した文言だと思います。

コロナの影響でマスク着用の面接だったので、表情を見せたのは自己PRまたは自己紹介の一瞬でした。

その時の笑顔と、マスク越しの目が笑えているかがとても重要だったと思います。

一次面接ではグループで志望動機を聞かれたのが私だけでしたが、なぜエアドゥなのか?という部分が伝わるような志望動機を作成しました。また最後の一言でも、ほかの方と絶対かぶらない、本気でエアドゥに入りたいと思っている気持ちが伝わるよう文言を作成しました。(面接官二人は私が最後の一言を話している際とても深くうなずいていたと思います)そこが一時を通過できたポイントだと思います。

最終面接では面接官が欲しいであろう回答を全くできませんでしたが、その分ほかの方の回答中も面接官の目を見ながら笑顔をキープし、自分の立ち居振る舞いにはとても気を付けていました。面接官と目があってほほ笑んだ際に何かメモを残していたので、回答内容があまり良くなくても、立ち居振る舞いや笑顔で評価していただけたのかなと思います。

【CAになってからの抱負】

一番大切なのは保安業務ですので、お客様に安心していただけるようまずは訓練を乗り越えて安全を提供していきたいと思います。そしてエアドゥは大きな事故等これまでありません。それを継続していくことに貢献できるよう、実直に業務に取り組む客室乗務員になりたいと思います。

そして地域密着型のエアドゥの客室乗務員として、北海道はもちろんですが就航各地の魅力を伝えていきたいです。私は地元愛が売りなので(笑)北海道愛に溢れる人間になりたいと思います。エアドゥが推奨している北海道検定等、勉強して取得するのが楽しみです。サービスを通して私らしい温かさ、程よい家族感を体現できる客室乗務員になりたいです。

【メッセージ】

エアドゥは地域貢献活動を幅広く行っています。調べればどのようなことをしているのか?がたくさん出てくるので、ほかの誰よりも調べ尽くす気落ちで、些細なことも文言につなげるといいと思います。

納得のいくまで調べて、本当に入社したい!という気持ちが伝わる文言を作成することが面接通過につながるはずです。他者とどこまで差別化できるか、いかに本気度を伝えるかが大切だと思います。またその中に人によっては、地元愛が強いことやそれをエアドゥでどう生かすことができるか、という部分まで伝えられたらなお良いと思います。(以前エアドゥで働いていた方にお話を伺い、北海道愛の強い人が多いと聞いた為です。)

また面接官は受験生の事をとても観察していると感じました。(ひとりひとりじっくり見られているので、私は目が合った時にさらに笑顔になって微笑み返すようにしていました。)会場に着いた瞬間から最後まで絶対に気を抜かず、立ち居振る舞いも表情もばっちりの状態で面接に臨んでください! 一人たった10分程度しか回答の持ち時間はありませんが、立ち居振る舞いで挽回できることもあるのかもしれないと今回感じました。

(以上他の航空会社は工事中)

✈️ルフトハンザドイツ航空

【以前にやっていたことがなぜ合格に結び付かなかったと思うか】

準備不足情報不足独学で数社受験しましたが、先生ご指導まり独学間に私が情報収集やES面接準備に費やした時間、集中力ゼロに等しいものであったとわかりました。

たくさんの生徒さんを合格に導いた先生から頂いた情報は、独学で得られない膨大高品質ものした。また、これまでの合格者の方々がどのような内容でどれだけの準備をして内定を手にしたのか自分が内定を頂くために何をすべきか知らない状態で受験し続けていたことは、時間の浪費あり結果に繋がるはずがないと今ならばわかります


【何が合格に結び付き、どこが自分にとって良かったのか。】

周到な準備

行動の引き上げ

●●練習

です。

(周到な準備)とは、大量の企業研究自分の情報の作成です。例えばルフトハンザ企業研究のためにホームページより興味を持った記事を毎日ひとつ抜粋したことや、ES書くにあたって、ひとつの項目に対していくつもの文章を用意し、先生に添削いただいたことでES作成段階でたくさん(とはいえ、まだまだ少なかったです)の自分の情報を文章にていたことで面接の際にも、簡潔に面接官にお伝えることができました。

大量の課題)先生からいただく膨大なの課題をなんとかこなそうと、時間を調整したり、睡眠時間を削ったり、短い時間にエネルギー費やそうと集中したり、また会社のお仕事時間通りに終わらせようと常に全力疾走してい様に思います。独学の時には準備不足を認識しつつ自信がない状態で面接日当日を迎えて緊張おりましたがやるべきことを明確に大量に頂いては必死取り組むことでこれだけやったのだから、あとは楽しむだけとの考えを持つようになりました。れにより面接当日に冷静に望むことができたのだと思います。

(●●練習)

膨大な課題の中の一つ面接を想定してーーーー(中略)先生に提出するーーー、英語の発音やスピード、笑顔や声のトーン等をご指摘いただきました。毎回自分の感想をつけ、前回先生からご指摘いただいた点を(やり直しは何度もありました申し訳ありません。)提出することで、自分を観察する目を養うことができたかと思います。この●●練習より、面接当日も自分を客観視する目を持ちながら(かつ、面接官の様子をよくよく見ながら)臨むことができるようになったと感じています


【TOEICについて、何が点数UPに結び付いたのか。】

年前の留学後の830から860へ。

先生のご著書会社勤めのお昼休みに何度も何度も繰り返しといて臨みましたところ、30点もスコアを上げることができました。少しのテクニック学ぶことで短期間にこんなにも点数が上がると知り、驚きました。周到な準備と何度も何度も繰り返すことの大切さ学びました。


【合格した決め手は何か】
もう一度海外に暮らしてみたいと考えていたためです。また、ルフトハンザ働くことは、ドイツ語を習得する機会にもなりますし、客室乗務員お仕事集中するとともに、ヨーロッパ旅行趣味などへの時間あることが決め手です。OL勤めの頃から、ヨーロッパで働く方々がよく長期休暇を利用されている働き方を見て、私もそんな生き方をしたいと強く願っていました。

短い時間にもかかわらず、改善点をご指摘下さり、どのような考え方で、どのように取り組むことで改善できるかとのご指示をくださるので、時間管理下手であった私にとってはとても簡潔取り組むことできました。

これは個人指導であるからこそ、また中尾先生という方だからこそ可能なご指導方法だと感じています。全員を合格に導くという情熱大変有難いです。

ちなみに、ご指導はじまる前には、立ち居振る舞いセミナーカタールエッセイ対策、JAL対策申し込みました。また、チャンへさんのメイクレッスン、JAL最終前には●●さんご紹介、横浜のレストランでのランチにお誘いさり、ありがとうございました。

【CAになってからの抱負】

先生に頂いた多くの機会に本当に感謝しております。ありがとうございます。

トレーニング終え、今一度初心に帰り、以下のこと常に意識したいと考えています。

鍛えられているから美しい。

この言葉は、出身中学校の校歌の歌詞なのですが、

外資系日系経験者素晴らしい経歴を持つ同期たちを見て言葉通り鍛えられた人たちは美しい感じる日々で会社の大小にかかわらず、前職においても安全質のサービス確立してきた彼女たち訓練に取り組む姿、細部に美意識もつ姿、どんな質問にも丁寧に答えてくれる姿を見ては、私も頑張なければと励まされました。

今後は、毎回働く仲間が異なますし自分で自分を評価し、課題を見つけスキルアップしてい必要があります。自分次第で如何様にも働き方が選択できる会社だからこそ常に学ぶ意欲を持ち続け、日本人らしさを忘れずに、お客様の期待を上回る接客心掛けたいす。

また、折角ルフトハンザという素敵な航空会社で働くことができますので、お仕事ヨーロッパでの生活も楽しみ、充実させたいです。

【CA受験生さんに向けてメッセージ】

まだ何一つ経験を積んでいない私が申し上げる説得力にかけますが、客室乗務員とても楽しいお仕事です。

お客様の笑顔、毎回異なるクルーとの出会い、ステイ先でのおいしい食事や新しい交友関係海外暮らし、ハプニングも含めて毎回異なること楽しいことの連続です。

思い通りに行く時もそうでない時もあるかと思いますが、内定勝ち取るまでの過程も、ご自身が一回りもふた周りも成長する姿を思い浮かべて、どう楽しみながら取り組んみて如何でしょう

✈香港エクスプレス(その後キャセイパシフィック航空に転職成功)

【スクールを選んだ理由】

・圧倒的な情報数・ブログの記事数からCA受験に精通している方だと思った

・文面が厳しい、スパルタである(お尻を叩かれなければ行動し続けられないタイプ、CA受験を長くやってきたので、厳しく指導してくれる方がいい)

・厳しさの中にも、「この人が言っていること正しいな」と素直に受け入れられた

・直観(なんというか、この人についていけば私受かる気がする!という変な直観)

・同じ身長の悩みをもって合格している(身長が小さい人の悩みが心からわかるのは、やはり同じ経験をした人だけ)

・国際線がある会社が第一志望だったので、英語チェックができる先生が良かった

・たぶん先生のブログを初めて読んだのは4年前?5年前?CA受験再始動しようと、情報収集していたところまた先生のブログに出会えたので勝手に運命を感じていた

・英語情報ってなに?まったく無知の私はその指導方法に興味津々

・先生のよく記事にしている、CA受験の母数や確率の話、潜在意識の話に共感できた

【以前にやっていたことがなぜ合格に結び付かなかったと思うか。】

・採用試験にかける情熱が足りなかった(練習量、第一印象の向上、日ごろの姿勢笑顔)

・自分を客観視していなかった(動画で自分の姿を見たことなんてありませんでした)

・選り好みして受験していた(ANAJALだけ)

・走り続けていなかった(年1回のANAJALが募集を開始したら始動していた)

・短期スクールで習ったこと、アドバイス頂いたことの復習をしていなかった

・ダイエットへの意識がたりなかった

【何が合格に結び付き、どこが自分にとって良かったのか】

・●●練習

短期スクールの先生にも「話し方が、会話ではない。一人発表会になっている」と言われても頭ではわかっているつもりでも全く受け入れられていませんでした。自分の姿を見ることで客観視できたと思います。また、どこがいけないのか、どこが良くできたのか、コメントをしていたので更に向上できたと思います。蓄積したものをみて「良くなった」と実感できるところもよかったです。先生からのコメントが毎回楽しみでした。

・LINE電話

必ず先生は面接の感想でも、なんでも「笹原さんはどう思いますか?○○の面接を受けてどう感じましたか?」と聞いてくださいます。自分の気持ちを言語化する練習にもなったし、言葉に出していうことで自分がどう思っているのか、どうしなければいけないのかが、自分で発言していることですが、脳にダイレクトに指令が伝わった気がします。

先生とのLINE電話のアポイントがつくと、私はどうしようと焦ってしまいました。それは先生の「どう感じた?」という質問が必ず来るので自分の考えを持たなければいけない!と思ったからです(笑)自分の気持ちは、曖昧でふわふわしていることが多いので、それを言葉にすることがいい練習になりました。でも毎回LINEを終えたあとは充実感にあふれていて、がんばろう!と思えました。魔法の電話でした。

あと、どこかに盗聴器がついているのか!?と疑ったほど的確なタイミングでLINE電話が入ることがありました(私が酔っぱらって、ダイエット中にも関わらず〆のカップラーメンを買おうとしているときに)、本当にカップラーメンをとってレジに行く途中でした。先生との通話を終えたあと、そっとカップラーメンを棚に戻し、700カロリーくらい摂取せず済んだこともありました。

先生に「ダイエット絶対できるよ。そこは心配していない」「美人だよ、大丈夫」と言われたのも大きかったです。試験に落ちてやけ食いしたこともありましたが、なんとか痩せることができました(57.8kg→52.5kgです。3ヶ月でここまでがんばりました)

先生に頂いた本の中に「貧乏は貧乏のままでいようとする、太っている人は太ったままで現状を維持しようとする」とあるように、本当にその通りで、私もダイエットして、でも挫折して食べてしまっての繰り返しでした。しかし、痩せてから一次面接が通るようになり、感覚をつかみ、ダイエットも食べたい意思に負けず続けられました。

・面接官を楽しませる、という考え方

私は先生に出会うまで、上記の考え方は全くもってありませんでした。受かるためには、どうアピールするか、しか考えていませんでした。今でもできているかわかりませんが、確実に意識は変わりました。これは面接のみならず日常生活でも円滑な人間関係を作るために必要だと学びました。

・英語自分情報

英語面接でのテクニック(英語は1のことを100くらいに誇張していう、結論からいう、英語は曖昧語ではない)が役に立ちました。修正された英語もよりpassionateになり、思いが伝わる鮮麗された英語でとうてい私には作れなかったです。

【TOEIC】

2015年3月 725点→2015年5月 840点に上がりました。

先生の本(完全攻略)を繰り返し解きました。リスニングはリズムのテクニックを知らなかったのでとても役に立ちました。

【合格した決め手】

3カ月の頑張りの積み重ねと周りの方々のお力添えにあると思います。3ヶ月間先生とやってきましたが、その中で一番力を入れました。その努力が運や縁を呼んだと思っています。

また何かを手に入れるには何かを捨てなければいけないことを意味します。私に関しては、大好きな食べること(本当に食べることが好きなのです)そして、彼との別れ。彼との別れがなければこんなにも練習に費やす時間はなかったですし、面接においても「香港ベースで遠距離になってしまう」とどこかブレーキがかかっていたのかもしれません。別れた直後は、もう死んだ魚のような、人生が終わった、私はもう結婚できないのだと思っていましたが、全ては香港での明るい未来に繋がっていたのだと思います。というか、そうしてみせます。

しいていうのであれば、先生とお会いして、直接お話が受験生中したかったなと思いました。もちろん毎日のメールのやりとり、課題のやりとりで離れている気はしなかったのですが。

私は第一印象が「笑顔がない、姿勢が悪い」とのことだったのでそこに成長があるかジャッジしてほしかった(笑)

【CAになってからの抱負】

香港エクスプレスのCAになったらしたいことがたくさんあります。

まず、日本人乗客のための日本人CAの代表として誇りをもって働くこと。香港エクスプレスには搭乗したことがなかったので、インターネットレビューを読みあさりました。すると「日本人CAがいるだけで安心する。日本語の機内アナウンスを聞いただけでほっとした」と書いてあるのを拝見し、私も日本のお客様を安心して差し上げられるようなCAになりたいと思いました。特に日本人はLCCに対して不安もあります。そのような不安要素を取り除けるクルーになりたいです。

次に語学力の向上。

香港という土地柄、様々な人種の方がいます。

学生留学から6年経って鈍った英語を復活させる良い機会であり、広東語を覚える絶好のチャンスです。何倍にもスキルアップしてみせます。

未来の素敵な旦那様に出会う。

先生とのお話でもありましたが、香港にはきっと優秀で紳士な方がたくさんいます。CAという肩書きを持つことで出会える人のレベルが高くなる!と期待しています。本当に私は自分の身長と外見にコンプレックスがあるので「え、この子がCA?」と思われないかとすごく不安なのですが…「最近のCAは質が落ちたな」と言われないように、エレガントになりたいです。そして素敵な旦那様をゲットします。

恐縮ながらも、合格者のメッセージとして書かせて頂くことになりました。ありがとうございます。

まず、私がこのような記事が書けるようになるとは思ってもいませんでした。・・・すみません、嘘をつきました(笑)

先生のブログを読んでいて、「私もこの先生に教わりたい!私も3カ月で合格した○○な生徒さん」として紹介されたい!という想いもあって頑張ってきました(もちろんCAになりたい!という気持ちが大前提の上)

そんな中、先生と一緒にやっていく中で「もしかしたら2年かかるかもしれない」と言われたときはもうこの世の終わりくらいなダメージを受けました。この話をした際に先生は「でも2年頑張れば受かると言っている。これってすごいこと」という趣旨のお話をされていましたが、私は「もうこんな生活2年もできない~!ダイエットも辛いし、面接で落ちて、ダメージ受けて…もう2年も耐えられないよ~」という思いでした(笑)だからこそ今回、「絶対2年もかからずにCAになる!」と、本気で今までにない力を注いで合格をつかめたのかと思います。

私は、きっと今、受験で悩んでいらっしゃる皆さんよりもCA受験においてはふりな条件が揃っていたと思います。CA未経験、157cm、アームリーチ、アラサー、ダイエットが必要、笑顔が足りない、姿勢が悪い、重い印象。特にダイエットは最大の不安要素でした。体重は恥ずかしくてかけませんが(笑)MAX時から12kg痩せました。先生と二人三脚で始めてからも3カ月で5kg以上痩せました。まだまだ努力は必要ですが、こんなに不安要素があったのに、今回内々定を頂けたこと、私を例にみなさん勇気を持ってほしいです。

もちろん、先生のお力があっての上の合格です。

毎回、的確なアドバイスを下さったり、毎日のようにメールをして課題提出したりと、先生には最初の面談で1回しかお会いしたことないのに、常に一緒にいるような気持ちでした。その気持ちの強さも3カ月目にしてどんどん築き上げていき、タイミング良く面接が来たのだと思います。

そして先生がアドバイスして下さったことは、素直に実行することを心がけました。遠方で交通費がかさむ面接も「実地練習が何よりも実になる」という言葉を頂き、迷っていた面接もいくことがありました。実際にいって「第一印象が非常に大事である」というアジア系航空会社の面接が通り、今まで持つことができなかった自信も得ることができました。その会社は、内定はもらえませんでしたが、ことごとく一次面接で落ちていた私には、かなりの成長が見られました。

このように全ての繋がりが今の結果につながったと思います。「願えば叶う、信じれば人間、どんな形でも目標を達成する」よくそんな言葉を目にしますが、私は本当にその通りだと思います。私も何度となく合格者の声を読み、「私もできるかな」「願えば叶うってそんな簡単ではないよ」そう思っていました。しかし、今ならその言葉を私も言えます。バカげていると思われるかもしれませんが、毎日制服を着て、スーツケースを持って颯爽と歩いている私(しかもスリム)な自分をイメージしていたし、実際に制服写真と自分の顔写真をコラージュして見つめていました。このように合格を心から望む人が私の他にも先生を含め、友人などたくさんいたから実現できたと思っています。

「願えば叶う」この一言で終わらせたくありませんが、本当にこれにつきると思います。強く願えば、行動がともなってきますし、情熱を燃やし続けられると思います。

長くなりましたが…私は今回の受験を通して本当にたくさんの方に支えられて生きているのだと実感いたしました。今度はその方々に恩返しができるよう日々感謝し、丁寧にいきたいと思います。

諦めないでぜひ最後まで戦ってほしいです。全ては自分との戦いです。年齢が気になる人は1秒でも若い、今ことのときに何か行動に移して下さい。より好みして受験している方は、ぜひ会社の幅を拡げてください。(私はまだ若かった23歳、24歳のときに大手日系2社しか受けていなかったことを後悔しました)偉そうに語ってしまいましたが…最後までお読みいただきありがとうございました!合格をした次の日の朝は「こんなにも清々しいものか。こんなにも空は青かったのか」と思いました。この気持ちをぜひみなさまにも感じてほしいです。ありがとうございました。

✈︎国内LCC客室乗務員内定者

(現在以下の方は、国内最難関航空会社に転職)

♦︎今回、内定をいただくことができました。

昨夏から享子先生のご指導を受ける中で、内定につながったと思うことはいくつかありますが、その中のひとつについてこの場をお借りして紹介させてください。
 
「教えていただいたものをそのまま取り入れて自分を変えていく」ということです。
 
たとえば、
・メイクを変える。
・会社にこだわらず応募する。
・動画での歩き方、手の組み方にこだわる。
・自分が思うほど顔は笑っていないので、普段から笑顔。おおげさな笑顔も試す。
 
先生は、多くの内定者を出しているので、何をすればいいのかわかっていらっしゃる上でのアドバイスです。それを素直に実行し、それをその場しのぎではなくやり続ける(練習しつづける)。「アドバイスしただいたことを聞くだけに終わらせず、かならず実行する。」というのはいっけん、当たり前のことに思えて、その当たり前ができていない自分との戦いでした。
 
ある程度の期間受験をして結果が出なければ、自分のやり方を疑ってみる。疑ってスクールに指導を仰ぐ。そこまでは多くの方もやっていると思います。その先で、差を生むのは、いただいたアドバイスを聞くだけで終わらせるのか、もしくはアウトプットしてみて、それを続けることができるかではないでしょうか。単純ですが、実際にやってみるとそれがけっこう難しいです。
 
絶え間なく多くの内定者さんを輩出している先生であるので、ご指導してくださる先生の一言一句を信じて、そして、多くのエアラインスクールの中から「享子先生についていこう!」と先生を選んだのは自分ですから、先生を選んだ自分の選択を信じて、ただ素直にいただいたアドバイスを今後の自分の行動に取り入れるのみです!先生がご自身のTOEIC本の中でTOEICの勉強方法について「四角いものは四角い箱に入れる」とおっしゃっています。まさにそのとおりで、「こうしましょう!」とご指導をいただいたら、そのとおりに自分を変えてみる!ことが内定につながったのだと思います。
 
試験の直前まで何度もたくさんのアドバイスをいただき、ここまで気にかけてくださる先生のためにも内定を取りたいと思いました。ここまで私という個人をしっかり見て指導してくださる方はなかなかいらっしゃらないと思います。あらためて感謝しております。

(単発受講)
peachの最終面接対策を受講したSと申します。

昨日、無事内定を頂くことができました。
中尾先生に見ていただき、自分では気づかなかった笑顔を意識することができたおかげだと思います。


また先生のフィードバックのメールを見て、自信を持って面接に挑むことができました。
丁寧にご指導くださりありがとうございました。

まだ自分でも内定が信じられませんが、素敵な客室乗務員になれるよう今後とも精進してまいります。

この度は本当にありがとうございました。
(以上の他の航空会社等は工事中)

【印象的な過去内定】

中尾先生、Oさん

夜分遅くにすみません。以前TOEICのクラスを受講いたしました、Aです。大変ご無沙汰しております。

ご連絡が遅れてしまいまして申し訳ございませんが、内定のご報告です。

3/3にpeachより内定をいただく事ができました。すでに39歳を迎えておりましたため、自分でも大変ビックリ致しましたが、明後日5/9に入社式を迎えます。

お恥ずかしながら、TOEICはいまだ点数が上がらずですが、2年間毎日先生のブログを読ませていただきまして、私の中では日々先生からご指導いただいているような気分でした。そのため、メンタル面は、特に鍛えられたと自負しております。

本当にありがとうございました。

30代の方でエアライン受験されている方のご参考までに、今まで2年間行なってきた事を、思い出せる範囲でお伝えいたします。

39歳、未経験、受験期間2年

インターネット業界10年以上勤務

応募社数:累計約25社

★中尾先生関連

•中尾先生のブログを毎日チェック✪

•中尾先生のトイック講座を受講✪

•チャンへさんのメイクレッスン受講✪

•バニラの写真用に、証明写真機kirei で撮影✪

・・・・(中略)・・・(以下中尾享子紹介講座)

•コピーライティング講座参加✪

•ウォーキングレッスン参加✪

•スマホで面接動画撮影✪

•麻生けんたろうさん、水野敬也さんの本を読む✪

★自主的にやったこと

•会社では、PC横に鏡を置いて表情確認

•中国語半年勉強、HSK2級取得✪

•韓国語はもともとハングル検定4級取得✪

•髪をボブにカット→若作りのため(✪)

•部屋の壁に、新聞のエアライン広告を貼り日々イメトレ✪

•自分も他人も長所を見つける癖をつける✪

•どこでもトイレの紙を三角に折って出る

•peach面接の一発芸披露に備え、英語、中国語、韓国語のPAの一部を全て暗記。

以上となります。

peachは本当に年齢に関係なくチャンスを下さるので、ぜひ、皆様にチャレンジしていただきたいです。

大変長くなりましたが、今後も中尾先生のブログから、勉強させてください!毎日読ませていただきます。

本当にありがとうございました。

【TOEIC受講】

TOEIC講座でお世話になりました〇です。
お世話になっております。

この度はTOEIC 講座に参加させて頂き、ありがとうございました。CDを聞いて自分で勉強するのと、実際講義を聞くのでは全く持って、自分の習得度が違うと改めて実感しました。まだまだ先は長いですが、せっかく頂いたこのような機会を無駄にしないように、今日から実践勉強をしていこうと決意致しました。改めて御礼を申し上げます。今後、CA受験やTOEIC で嬉しいご報告ができるように頑張っていこうと思います。

長時間講義して頂いた中尾先生にもよろしくお伝え頂くと幸いです。(質問では私ばかりの質問になってしまい申し訳ありませんでした。)皆様の今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます。