ジェットスタージャパン客室乗務員CA採用面接(電話面接等過去問要請可能)

ジェットスター面接の流れ

電話面接➙最終選考(英語で面接が行われたのは開設当初で、全て日本語の面接・英語と中国語はチェックのみ)(回によってはグループワークのみ、英語だった場合もあり、英語で数個質問があった場合もあり)

 

筆記試験あり

✈︎電話面接

ー現職のことを深く聞かれても大丈夫なように準備しておくこと。

ー現職で困難を乗り越えたこと、現職での経験をどのように活かせるか明確にしておく。

ー前職や転職理由を明確にしておく。

ー自分の声を録音して声の聞こえ方の練習をする。

ー周りが静かな場所を確保して電話で話すこと。

 

・グループワークとグループディスカッションの後に、「実際の仕事ではどんな状況でも落ち着いて対処すること、チームワークが大切」とおっしゃっていたので、ゲームやディスカッションではとにかく冷静に判断しつつ、周りの方への気配りを忘れないことが見られていると思います。

・年齢の幅が大きい 新卒から50代くらい

・ほかの受験者の服装や髪形もさまざま。いかにもエアラインという感じの方が半分、半分は全くエアライン受験をしたことがないような業種の方のよう。ふくよかな方、髪も服装も整えていない方も多く、その方たちも最終に残っていた。ということ。

身だしなみ等の第一印象より、積極的に発言している方が確実に残っている。英語力はほとんど見られていない。英語で話した後は必ず日本語の通訳がありました。いかにもエアラインというよりは、新しい考えを求めているのかもしれません。会社の求める姿として、Modern & Stylish とおっしゃっていましたし、実際に幅広い年齢、見た目の方が内定。志望理由をはっきりさせておくこと、会社説明をよく聞くこと、落ち着きながらも積極的に発言するといいと思う。

✈書類通過の方に注意事項や過去問題を差し上げています。以下の「その他」にチェックし、記載欄にジェットスタージャパン過去問題希望、と書いてご連絡ください(書類通過確認後ライン@で友人申請の後送られます)。→ジェットスター過去問題

✈客室乗務員内定&TOEIC点数アップ講座詳細はこちらをクリック→中尾享子CA内定講座詳細

✈短期でわかる東京・京都大阪神戸・名古屋合宿詳細はこちらをクリック→中尾享子CA合宿