スクート客室乗務員採用内定✈ボンド(違約金)について

◆◆TOEIC・客室乗務員就活関連のお仕事のご依頼は◆◆
okeyamitsuyo★nakaokyoko.comにお知らせください。
(★を@に替えて入力下さいませ)

✈客室乗務員内定プロ講師の中尾享子です!!

✈客室乗務員になりたい客室乗務員内定志望者さんへ
客室乗務員になるには、に関するブログを配信しています

✈中尾享子の自己紹介はこちらをクリック➙中尾享子プロフィール

✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

スクート客室乗務員採用
内定者の親御さんから
「何ですか?大丈夫ですか?」と
問合せがあったのが

「ボンド(違約金)」や
お金の件です。

「違約金」と言うと
何だか言葉だけで
神経質になるのかな、と
感じています。

これは、きちんと1年
勤務すれば
こちら側から何の出費もなく、
何もなく済む金額です。

アジアの外資系航空会社を
受験するのが「初めて」
内定が「初めて」、
という場合、

このボンド(違約金)のことを
聞いて驚く人がいます。

日本社会ではなじみがないから
当然ですよね。

しかし、
アジアの国では
就職「させてもらった」方が
「訓練費用」「研修費用」
を負担するのは
超巨大企業以外では
かなり当たり前のことです。

そして、
この程度のことで
文化の違いにショック?を
受けていて文句を言っていては、
文化や生活の異なる国に
行くと

不平不満ばかりになるでしょう。

相手の国では
「当然のように」
行われている慣習は
受け入れて行かねば
ならないのです。

例えば
日本では大学受験の際
2月上旬に上智大学に合格して
2月15日までに
入学金を払わなければ、
合格は無、とかありますよね。

ですから、支払いますよね。
合格したのだから。
で、
もしその後2月下旬に
早稲田大学に合格したので
早稲田に行こうとしたら、
「当然のごとく」
上智大学に支払った
入学金は戻りません。

これは当たり前のように
私たちが
受け入れている常識です。

しかし、もし
上記のことを
学費が無料の国の
国民が聞いたら
かなりな常識外れ
払いたくないお金
に聞こえるかも知れない。

上智大学に入学しないのに
なぜ入学金を払うの?と。

これはアジアの国の
ボンドと
似たようなことですね。
私達全員は自分が育ってきた
環境や常識が当然となっており、
極端に言うと「洗脳」されているんです。

それが、
海外就職を経験すると、
逆に
日本の良いところ
(客室乗務員で言えば、
例えばこのボンドがない、とか
制服は無料で配布してくれる、とか、
足を棒にして家探しをしなくて良い、とか
ステイ先のホテルはシェアじゃなく自分のみ、とか)
も理解できて、

「日本ではいつも不平不満な体質・
何か人生が充足していないような気持ちがあったこと」
が改善した、と言ってくれた
過去卒業生さんもいます。

海外就職で
「小さなトラブルはもう何とも
思わなくなった」
となったケースは多いです。

このボンドについてです。

スクート客室乗務員採用
リクルーターは
シンガポールからはるばる
やって来て、
客室乗務員採用面接試験を
開催するのに

莫大な経費がかかっています。

相手は「真剣に」
採用をして良い客室乗務員を
スクートの為に得たいと
思っています。

当然ですよね?

ですから、
安易に内定辞退をされて
訓練や人材確保の計画が
狂うことは避けたいです。
経費節減が命のLCCなら
当然です。

(シンガポールではない)
他のアジアの国の
(LCCでない)
フルサービスの会社でさえも
自国のCA内定者には
ボンドを課している
航空会社は多いです。

実際は寄付のような形で
客室乗務員に内定したので、
と当たり前のように
内定者側が
お金を支払うような
フルサービスの会社も
アジアにはまだあるのです。
(日本人客室乗務員には
そのようなことはないですが、
自国の内定者についてです。

それだけその国では
CAはステイタスがあるということで
発展途上国ならでは、なのですが、
両親が喜んで払っているケースがあるのです。)

上記は別にしても、
フツーに考えて、

せっかく大量の人件費と
経費をかけて
一人前のCAになったのに、

速攻辞められたのでは
経営者側は
たまったものではないと
思いませんか?

あなたが経営者ならどうでしょう?

ですので、

「もし辞めるにしても訓練費用や人件費は
負担してください」
ということなのです。

異文化圏で自立して勤務するには
自分が育ってきた環境や慣習から
離れたこと・存在しないこと・
理解できないこと、が
もうたくさん起こりますし、
自分の常識外のことも多く存在します。

ただ
シンガポールは
日本での生活をほぼ変えずに
生活が安心してできる国の1つです。

だから
シンガポールに海外就職する程度で
ヒヨっていたら、
人間的にはかなり小さい、となるでしょう。

現実的に言うと、
最初の数か月は
家賃その他のことが
あるため、

資金的にも
持ち出しになりますが、

もう半年もすれば
慣れて、かけがえのない
キャビンクルーライフが
待っているでしょう。

✈あなたは内定するレベルにありますか?内定するか否か明快に判断しアドバイスするライン相談をご希望の方へ詳細はこちらをクリック
ライン相談詳細はこちら
内定素養判断やアドバイスのライン相談申込詳細


あなたは遠回りをしていませんか?
TOEICリーディングもリスニングもこれ1冊でOK。

【正しい勉強方法がわかります!】
客室乗務員内定特化のTOEIC本で
点数をUPしてください。

✈TOEIC400点未満の方は紫のリスニング本、

✈500点~700点の方は緑の総合本がお勧めです。

✈オレンジのリーディングの本は、TOEIC自体は
700台の方も使っています。リーディングだけの
点数が400未満の方に最適な本です

 

TOEIC600未満のTOEIC受験生、

英語が得意でTOEIC800を狙う受験生

ともに使えます。

TOEICのテクニックが満載なので、初回受験の方、

これまでテクニックを意識して勉強をしてこなかった方に最適です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【改訂版】たった4時間でTOEICテスト完全攻略 [ 中尾享子 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/3/21時点)

 

TOEIC650以上の人が、リーディングの点数を上げるために使用するリーディングの書籍です。TOEICのリーディングだけの点数が、400点行かない、というのには理由があります。その理由を解説し、効果的な勉強を進めるのに必要な事項が満載です。TOEIC700後半から800前半の人で、全くリーディングの点数が伸びない、という人にもおすすめです。リーディングは単純に問題を解くだけでは点数は伸びません。


こちらはTOEIC600未満の人が、まず、緑の本と併用して進める本です。この書籍の全ての文章をシャドウイングして、和訳できれば、かなりリスニング力がつきます。英語の綺麗な発音の仕方や、なぜ、英語が聞き取れないか?を詳細に解説しています。巻末にはこれ1冊でOKという単語集のプレゼントも用意しています。

紫のリスニング本はこちら