次回zip air tokyoを当てにしすぎていないか?〜経験者zip air tokyo 採用試験で。

✈中尾享子です✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

ANA再雇用、JAL再雇用についての
ライン相談も
最近非常に多いです。

地味ではありますが、
再雇用については、
受講生の
10発9中くらい
内定してもらっているので、

非常に得意分野ですので、
ライン相談も的確にアドバイスが
できると自負しています。

最近多いのが、
zip air tokyoも並行して受けていて、

ーそれがダメだった
ー意外にもそれで書類通過したので

という相談内容です。

特に、
離職してずいぶん経つ
元客室乗務員で、
年齢もそれなりの方からの
相談が多いです。

元客室乗務員で、高齢の方に
共通して誤解が多いな、って
思うのは、

「ちょっとやそっと客室乗務員受験準備を
したからって、内定すると思っている」
のではないか?

ということ。

ちょっとやそっと準備して内定するなら、
zip air tokyoで内定しています。

そういう人はいます。少しの準備で内定する人は。
もともとCA素養が高すぎる人、とか
社会人としてキャリアを評価された人です。
実際、単発受講生の中にいました。

もし、
今回のzip air tokyoで
内定していないなら、

「自分はガチで最低2年間はMAXで準備し続けて、それでも1回チャンスが来るか来ないかで、もし、来たときは、最高の準備ができていて、それを前髪でガッチリつかめる」
というカテゴリに入るんだ。

と意識せねばならないです。

大抵の人は、
募集が出たら準備し始める。
上記の人はこれでは到底間に合わないです。

内定する人は、
募集が出たときには、
最高の状態にもっていけている人。
そのために、全く募集がないときにでも、
MAXで練習している人。

これって非常に難しく、
達成できている人は
稀です。

しかし、そういう稀なことだから
ミラクルと呼べます。

zip air tokyoは
今回、初回だから、
チーフパーサーも必要だし、
経験者で高齢者も採用された。

それをあてにしすぎている人が
多いな、って感じます。

今回が絶対的なチャンスだったのです。

ANA国際線枠、JAL経営破たん後の初回採用、
等、初回は例外なく
高齢の方が採用されています。

しかし、どうでしょう?その後?
採用は通常通りになっていますよね?
JALなんて若返りまでしています。

きっとzip air tokyoも例外ではないのでは?

チャンスの女神は
「来年の8月に来るよ」なんて、
決して言ってくれません。

ですが、2年間ず~っと継続して
頑張り続けている人で、
チャンスが一度も来なかった人って
見たことがありません。

その1回きりのチャンスを
逃してしまうのは、
半年くらいは頑張っても2年は頑張り続けていない人。

チャンスをつかめるのは、
自分の人生でチャンスが二度と来ない、
という可能性があっても、
自分の信じるものを信じて、
2年間MAXで準備練習し続けられる人。

今回のzip air tokyoに
書類通過したから、と
甘い考えで過ごすのは
ちょっと違うのではないでしょうか?

✈中尾享子の直近講座・イベントはこちら⇒講座・イベント

✈CA内定ライン相談&客室乗務員内定講座詳細はこちらを➙中尾享子講座詳細

✈客室乗務員内定1泊2日合宿はこちらを➙CA内定&TOEIC合宿