新卒客室乗務員CA受験生も受けるべきか?KLMオランダ航空客室乗務員採用面接試験

✈中尾享子です✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

KLMオランダ航空
電話面接が始まっています!

エントリーして、内定素養が
あっても、
電話を取るタイミングを外して
面接に呼ばれない、という
ことが起こっているため、

電話は取りましょう!!

さて
ライン相談で新卒の方から、
「契約のKLMに新卒で行くのは
どうか?」
というご質問がありました。

KLMの契約問題は
非常に問題が過去あったことも
あるので、

新卒の客室乗務員受験者は
非常に不安でしょう。

新卒客室乗務員受験者でなくても、
KLMに行くか行かないか?
は、熟考すべきです。

過去もJALの客室乗務員の
方から、
KLMの最終面接に行くか行かないか?
というライン相談を受けたことがありました。

「JALはいやだけど、
客室乗務員を続けたい」
というその方には、

まだ年齢が若く、
外資系他社を受けることが
十分可能だと思ったので、

KLM最終面接に行くのは
辞退して、他社外資系を
JALに在籍しながら目指すことを
勧めました。

KLM入社を決めるか否かは
本当に個々人の状況によります。

新卒で現在、どこからも
内定をもらっておらず、
今後、絶対客室乗務員になりたい、

という場合は、
KLM客室乗務員は勧めます。

なぜなら、
KLM契約が切れても、
まだ若いし、

なんといっても
欧州系航空会社ですから、
ステータスは高いので、
他社転職のときも
比較的有利です。

ただ、
一般企業で超一流企業の正社員に
決まっているという場合は、
熟考する余地はあるかもしれないです。

そして、あなたが
最終的にたどりつきたい航空会社が、

外資系か?ANAかJALか?でも
異なります。

エミレーツ客室乗務員などの
外資系航空会社を志望しているなら、

KLM入社は勧めます。

ANAやJALなら、
一般企業で決まっている会社と、
あなたの気持ちによります。

最近も
シンガポール航空に行くか、ANAに行くか、という選択、
カタール航空に行くか?シンガポール航空に行くかという選択、など、
ライン相談をされる
新卒の方が多いです。

情報はやはり、たくさん持っていて、
入社した客室乗務員の5~10年後も
説明できるので、
W・トリプル内定された
方で、迷っている方は
相談されるのは賢明だと思います。

KLM入社は、既卒の場合は、
非常に多様ですが、

新卒の場合は
以上のようにかなり一般的に
言えます。
✈無料TOEIC相談についてはこちら⇒講座・イベント

✈中尾享子の直近講座・イベントはこちら⇒講座・イベント

✈CA内定ライン相談&客室乗務員内定講座詳細はこちらを➙中尾享子講座詳細

✈客室乗務員内定1泊2日合宿はこちらを➙CA内定&TOEIC合宿