中国南方航空客室乗務員採用面接試験終了

✈中尾享子です✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

中国南方航空客室乗務員採用面接試験が
終了しました。

今回、受講生の方々の報告書を
拝見して、

(今回も複数の卒業生さんが、「試験のレポートです!後輩に役立ててください」という趣旨で報告書を送ってくださいました!本当に感謝しかありません)

「客室乗務員という職業のステイタスが
また、上がってきたな」
と実感しています。

丁度、ANAやJALが、
契約客室乗務員を募集、
という時代は、

「アルバイトスチュワーデス」
と言われて、
新卒でも既卒でも、
優秀な人が「客室乗務員」という
職業から、離れている傾向がありました。

しかし、

特にJALが正社員として
客室乗務員を採用して以降、
現在まで、

客室乗務員のステイタスが
再度、上がってきました。

ですから、

特に既卒ANA、JALでは、
本当に優秀な人が
参戦してきています。

今回の中国南方航空でも
それが垣間見えました。


中国南方航空の試験で、
2次や最終まで行った方は、
気づいているでしょう。

英語のみならず
中国語が堪能な方が
多くいて、
そういう方の健闘が目立っています。

今回最終まで行った方は
私の受講生さん卒業生さんは
全員、中国語が何等かの形でできる人でした。

3ケ国語話者ですね。

前回の中国南方航空の内定者は
受講生さんでは、中国語が話せる人は
いなかったのと対照的です。

実際、今回は中国ベースなので、
中国語ができる人は尊重、ということだったようです。

昨今、特にANAやエミレーツ航空では
英語以外に第3言語を話せる方の
内定が目立ちます。

それだけ、
優秀な方が客室乗務員の面接試験に
参戦して来るようになった、
という明確な現象でしょう。

このような様相を目の当たりにすると、
もし、私が客室乗務員受験生なら、
英語「のみ」ができる自分としては、
英語「のみ」しかできないので
TOEICやSPIは、せめて
満点近くなるように頑張ろうって思うでしょうね。

このように時代の流れに応じて、
客室乗務員の参戦者は
面接内容と同様大きな変化があります。
あなたは時代の流れについて行っているでしょうか??
2年前からアップデートしていない、という状況に
なっていませんか??
✈ライン相談・採用面接レポート・中尾享子講座詳細はこちらをクリック⇩
中尾享子客室乗務員内定&TOEIC点数アップ講座詳細