JTA日本トランスオーシャン航空客室乗務員採用エントリー始まる~録画動画面接の導入~

✈中尾享子です✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

JTA日本トランスオーシャン航空客室乗務員
採用面接試験が始まります!

昨年までと異なり、
録画動画での採用面接、

コロナウィルスが
動画面接を加速しそうですね!

実物は別にして
「写真映りが凄く良い!」
女子が存在するのと同様、

動画録画も技術が必要です。

外見はライティングとメイク、
言う内容というよりは見た目と
話し方、
です。

エントリーシートだけなら、
あなたの動く視覚情報はありません。

人は視覚情報に一番心を動かされる
のは、あなたもご存じでしょう。

ですから、
どれほど動画で魅力的に映るか、
が最重要となります。

エントリーで書く方の文言に
時間を使うよりも、
余程、動画に時間を使わねばならないでしょう。

ですから、
昨年、
「実はイイとこまで行ったんだけど」
という人も
昨年の栄光を引きずっていては、

エントリーであえなく惨敗、となります。

JTA内定狙いのCA受験生は、
周到に準備して臨むべきでしょう。

さて、
機器のことです。
PCではフリーズが非常に
多いようです。

携帯機器がよほど古いものでなければ、
アプリ導入がお勧めです。

日本のこういう動画提出の嬉しいところは、


撮り直しがきくこと!

これは寛容ですね。

しかし、本当は素養はあるけど
準備不足の人を排除する危険性もあります。
(個人的には準備もせずに
素養がある人と、素養は今一つでも
努力と準備で熱い人のほうが好きですが)

例えばシンガポール航空など
外資系では、

撮り直し、ってあり得ないから、
その場で万全の体制を整えねばならない。

日本の航空会社の場合は、
寛容ではありますが、

準備しているCA受験生と
そうでないCA受験生に
すごく差がでるでしょうね。

動画を採用することで、
やる気があまりない人は、
そもそも面倒臭くて
エントリーしないかも知れないですから、

やる気がない人を排除する意味では
動画録画は
良い方法でしょう。

外資系航空会社の採用に
不穏な空気が流れている今、

懸念していた国内航空会社が
これだけ採用をしてくれるのは
朗報です!

こういう流れなら
ANA既卒&JAL既卒採用にも
問題はないでしょうね。

✈JTA動画録画上の注意を配布しています。ご希望の方は以下の「その他」から⇩
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0a7d4495427966

✈中尾享子の直近講座・イベントはこちら⇒講座・イベント

✈CA内定ライン相談&客室乗務員内定講座詳細はこちらを➙中尾享子講座詳細

✈客室乗務員内定1泊2日合宿はこちらを➙CA内定&TOEIC合宿