ANA・JAL・エミレーツ航空・カタール航空・シンガポール航空等、最難関航空会社を目指すのに・・・

✈中尾享子です✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

ツイッターで、こういう事をつぶやきました。
(経営の師と勝手に呼んでいる船原徹雄さんのツイートを
全部真似して、一部を変えました)

『CAになりたいと思ってるのに、
普通に会社勤めて 帰ってきてテレビ見てTwitter見て
寝てる人いるやん

CAになりたくないのか?
それとも CAになる方法知らないのか?
どっちかなんだろう』

昨年まで客室乗務員に 
なれず、
今年「頑張ろう」と
決意しているけど、

結局何もせず
今までと同じ生活を続けている・・・。

それでは、永遠に客室乗務員に
なれないでしょう。

昨年までなれなかった自分と
全く同じ事を続けていては
客室乗務員になれないです。

特にANA既卒客室乗務員
JAL既卒客室乗務員
エアージャパン客室乗務員
カタール航空客室乗務員
エミレーツ航空客室乗務員
KLM・エティハド・フィンエアーと
超難関航空会社のCAになりたい!

というのに、

昨年や一昨年と同じ行動、同じ思考で
自分の習慣や思考を変えないのに、

何で客室乗務員になれるっ、て思っているか
逆に聞きたいです。

一番、変えねばならないのは、
「習慣」。

自分の生活習慣を根こそぎ変えて、
客室乗務員受験に集中することです。

これは365日、休まず、
息抜きもせずに、やれっ!
と言っているのではありません。

内定する人ほど、
時間の遣い方やメリハリの付け方は
素晴らしいです!

やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ、が
徹底しています!

習慣を変える、というのは
当スクールの月謝生で言うと、
月謝生当初は、誰もが嫌いでやりたくない
課題を後回しにして、

「1週間に1回は提出ね」
と言っても、提出しない・・・

それを提出するように変えるのが
「習慣」を変えることです。

「習慣化」するように自分で動くのです。

習慣化するように会社や学校から帰ったら
「すぐやる」事に習慣化、する、とか。

私も以前はトイレ掃除が苦手で、
1ケ月に1度いやいや行う習慣を持っていました。

しかし、
生徒に対して「習慣を変えよ」と
言っている本人がこれでは
私が言う言葉自体に力がなくなります。
非常に恥ずかしいですよね。

「習慣化」するため、
「朝、トイレに入る際に、フロア用のウェットシートで、
トイレの半分部分を拭き掃除する(床・便器・排水等全て)」
を習慣化する事に決めました。

こういう際、最初の2週間くらいは
まさに「忍耐」なんですが、
2週間を超える頃から

「トイレ掃除しないと気持ち悪い」
となってきます。

習慣化する以前は、
「トイレを素手で掃除します」と
フェイスブックに挙げている
知人の成功社長とかが信じられませんでした。

しかし、今では自分も素手で掃除するのが
毎日当たり前となっています。

このように、

今は客室乗務員採用面接試験に
失敗ばかりしているあなたも、

準備練習を習慣化すれば、
「CA受験準備していない自分が気持ち悪い」
と思うでしょう。

さらに、CA受験準備を習慣化する前は
「内定する」ことが現実的と思えなくても、
自分が客室乗務員採用試験に成功することが
当たり前、と思えるようになります。

今何をしたらいいのかわからない、
という場合、

TOEICの点数が規定未満や低いなら
(昨年のANAやエアージャパン
とかでは私の生徒は730未満は

いませんでした)

TOEICは数値化されていて結果が
短期間で見えるので、

習慣を変えるツールにするには
最適です。

ライン相談を受けていて
ANA・JAL・AJ・エミレーツ・カタール
客室乗務員採用面接で内定したい、
と言っているにもかかわらず、

やるべきことを全く把握していない
CA受験生もいます。

それではそもそもNGですよね??
あなたは大丈夫ですか??

✈中尾享子の直近講座・イベントはこちら⇒講座・イベント

✈CA内定ライン相談&客室乗務員内定講座詳細はこちらを➙中尾享子講座詳細

✈客室乗務員内定1泊2日合宿はこちらを➙CA内定&TOEIC合宿