誰も経験していない状況を冷静に判断しよう✈客室乗務員採用試験中断・中止で

✈中尾享子です✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

ライン相談で、
19年卒客室乗務員内定者や訓練生、

21卒22卒
客室乗務員受験生や
既卒客室乗務員受験生と
話をしていると、

「現在の状況を冷静に判断していない」
と感じることがあります。

先日のこちらの記事でも
JALの21年度採用がない可能性
を投稿しました⇩
JAL21年度(22新卒含む)採用なし

ライン相談をして
じっくり話して
初めて!
「事の重大さに気付いた」
というCA受験生もいました。

パターンとして
①21卒の新卒で、今年はCA受験がない為、既卒で有利に受験するための対策を練っていない。

②22年卒の新卒で、来年も航空会社CAの試験は望めないのに、まるで、望めるかのように新卒としての対策しかしていない(新卒は、例えばANA&JALであれば、一番内定し易いのだが、既卒になると話が違ってくる)。

③既卒CA受験者で、23年辺りまで受験がないからと言って、何も現在対策していないし、する気もない。

④20年新卒で、外資系航空会社CAとして訓練中断で帰国している訓練生CAで、「このまま待っていても大丈夫」と何もしていない。

があります。

本日は①②について。

21年新卒で「今年はCA受験がないのはわかっているから」と、既に入社する会社を決めている、あるいは、これから決める、というCA受験生がいます。

ライン相談を受けていても、
その場合、
「接客業の方がいいかも知れない」と誤解していたり、
「グランドスタッフも良いかも知れない」と思っていたり
します。

例えば、ホテル業界やブライダルは
土日祝日は繁忙日で、
休みを取るのに苦労します。

CA試験に行きたくても行けない、という
状況も起こりかねません。

グランドスタッフの場合も
行きたい航空会社がANAなのに、
ANAグループのグランドスタッフを受験する、
というANAの客室乗務員になりにくい
方法を採ろうとしている人も

ライン相談者の中にいて
驚きました。

外資系航空会社志望者の方も
かなりお気楽に構えている新卒のCA受験生もいて、

実情を知らないことに
びっくりしています。

新卒でスクールに通っているCA受験生で
新卒のカリキュラムで学んでいる場合、
前述のとおり、
「新卒は一番受かり易い」のが
国内航空会社です。

しかし、
実際はあなた方は既卒で受験することになるのです。

コロナがあけた後の
1回目のCA試験は
どれくらい倍率が高くなるか、
きっと、予測はついているのでは?

ということは、

百戦錬磨の既卒の中で、
際立つ存在になれなければ
つまり
相当の実力を磨かねば
次回のCA試験に「内定」しないのだ、
と認識して、取り組むべきなのです。

あまり実感していないCA受験生が
多い気がしています。

✈今後、CA&TOEIC無料イベント・CA採用がある際に役立つ無料アドバイスをご希望の方はこちらから要請ください➙CA採用アドバイス
✈CA受験のライン相談はこちら⇒ライン相談
✈日系・外資系のCA講座の詳細はこちら⇒中尾享子講座
✈TOEICの攻略本著者が直接指導する。TOEIC点数を今UPさせて置きたい。
詳細はこちら⇒TOEIC点数アップ講座