「将来に向けた新たな年はいつからでも始められる」

✈中尾享子です✈いつも客室乗務員CA就活&TOEIC点数アップブログ読破ありがとうございます!

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年は、2020年新卒既卒
外資系客室乗務員内定者
外資系航空会社退職者にとっては、

思いがけない年となりました。

まさに内定者さん・現役客室乗務員を退職した人の人生で
一番つらい時期であり、
ショック・落ち込み・など
様々な感情が生まれ、

それを乗り越えて(あるいは今でも乗り越えられず)
新年を迎えたことと思います。

それらの方々の気持ちを
考えると、本当に言葉では表せません。

今はきっと以下の事を聞いても
信じられないと思いますが、
ぜひとも読んで欲しいです。

人生で「思いがけない事」「とても辛いこと」
が、一度も起こらなかった、
という人は、非常に稀です。

恐らく90%以上の人は
寿命が来るまでのどこか、で
経験するはずです。

渦中にいる時は、
暗い海の底にいて、
どうしていいのかわからない、という
気持ちになるかも知れません。

その時、
①あまりにも辛い時は、じっとして静かにしている。可能な限り自分の心を休める。頑張らない。

あるいは

②今、置かれた場所で精いっぱいの事をする。

という二択しかないのかな、と思います。

しかし、

断言できることがあります。

そういう「思いがけないこと」「非常につらい経験」は
将来、確実に必ず、あなたの糧になり、
後で振り返った際に、
「あの事があったから今の私がある」と
きっと思えるようになります。

それを信じてほしいです。

人間的に非常に豊かで、
誰しもが「一緒にいたい」と思う人。
それは、
「相手の悲しみがわかる人」です。

自分が辛い経験をすることによって
あなたの人間的深みが増します。

今は「人間的深みなんかいらない」と
思うかも知れません。「気休め」と思うかも知れません。
しかし、
世の中で常にハッピーな人は
人に好かれる人です。

温かみを身に着けたあなたは
きっとそういう人になれるでしょう。

✈✈
2020年はコロナウィルスが実際
蔓延した年です。

大事件が起こった当該年よりも
翌年・翌翌年に、
経済的な影響が起こります。

21年22年は、
さらに航空業界は厳しく、
世界で倒産する会社も増えるでしょう。

20年は採用があった
スカイマークも
21年の採用無、と発表していますし、
ANAもJALも採用はありません。

しかし、
新卒も既卒も退職者の人も、
もし客室乗務員受験を
諦めていないなら、

この採用がない期間に
実力をつけて、

いざ、採用が始まったら、
即、スタートできるように
実力をつけてください。

過去のANA&JALの採用では、
採用がなくなった後、
採用が再開した「初回」が
年齢が高い人も内定する「唯一の」
チャンスでした!

その「初回」のチャンスを
逃さないようにしてください!!

中には、
募集が始まってからスタートしよう、
と思っているCA受験生がいるかも知れない。

しかし、
それでは大きなチャンスの「初回」には
間に合わないでしょう。

今できることとして
①TOEICの点数を上げる
②英語能力のある人は3言語目に挑戦する
③見た目や立ち居振る舞いを向上させる
④ANA&JAL内定には言う内容を自作できるスキルを磨く
⑤ 難関外資系航空会社内定の為の「面接」英語力を磨く

先日もブログ投稿した通り、
新たな年を始めるのに
新年である必要はないのです。

「始めよう」と思ったその日が
新年です。

★内定者ライン相談、新卒ライン相談や中尾享子講座詳細はこちら↓
中尾享子講座

★航空会社情報など有用情報の希望はこちら「その他」に記載↓
航空会社有用情報